初心者向け!パソコン教室の効率的な学習方法は?

初心者向け!パソコン教室の効率的な学習方法は?

 

パソコン初心者

 

初心者がパソコン教室に通う場合、自信がないのとパソコンに慣れていないために受け身でレッスンを受けることが多いですね。
しかし、早めの技術習得のためにも、自主性を持ってもっと効率的に学習するべきです。
そうすれば、かなり上達が早くなりますよ。

 

ここでは、パソコン教室に通う初心者向けに、効率的な学習方法をご紹介します。

 

 

パソコン教室に通う前から基本用語をマスターしておく!

 

パソコン教室に通う前に、せめて基本用語だけでも覚えておくとレッスン内容が頭に入りやすく効率的に学習できます。
マウスやディスプレイ、ハードディスク、OS、メモリ、SDカードなど、パソコン自体や周辺機器に様々な名称がありますね。
それらを基本用語というのですが、レッスン中に出てくる頻度が高く、覚えておくとレッスン内容を把握しやすくなります。

 

逆に、基本用語がわかっていないと、パソコン教室のレッスン中に出現するたびに覚えなければいけないので、学習よりも名称暗記に気を取られてなかなか学習が進まなくなります。

 

全ての基本用語を覚えるのは大変ですが、パソコン教室に通う前に少しでも覚えておくとレッスン内容の把握がスムーズになります。

 

 

パソコン教室以外でもパソコンを使う機会を増やす

 

初心者の間は、まずパソコンに慣れることが大事です。
パソコン教室に通っている間だけではなく、それ以外の時間も積極的にパソコンに触れるようにしましょう。

 

頭で覚えるだけではパソコンは上達しません。
パソコンに触れることで感覚的にパソコンをマスターしていくと上達が早くなります。

 

実際に使いながら覚えていくつもりで、どんどんパソコンに触れていきましょう。
もしも、家にパソコンがないのであれば、パソコン教室のフリースペースでレッスン以外の時間に触ったり、定額制の通い放題のパソコン教室にできるだけ通ったりして、触る機会を増やしていくことが大事です。

 

 

パソコン教室のレッスン内容を録音しておく

 

パソコン教室で習ったことをメモするのは当然ですが、もし可能であれば、講師に許可を取ってから録音しておくと後から聞き直しながら復習ができて効果的です。

 

初心者の間は、メモを取っていても後から思い出せなかったりしますよね。
スマートフォンには無料のボイスメモアプリが入っており、タップひとつですぐに録音できて、後から聞き直すのもタップひとつでOKなのですごく便利です。

 

このように初心者の間にパソコン教室での効率的な学び方を知っておけば、今後のさらなるパソコン上達にもつながります。
パソコン操作を早く覚えると、パソコンの楽しさを感じられるようになり、それが上達につながっていきます。